金沢名物どじょうの蒲焼 かばやき屋

金沢名物どじょうの蒲焼や国産うなぎの蒲焼を販売しております。熟練した職人の手焼きをご賞味ください。

  • かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼
  • かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼
  • かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼
  • かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼

HOME ≫

金沢名物「どじょうの蒲焼」

熟練の職人が一本ずつ手焼き

かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼
金沢名物のどじょうの蒲焼は、金沢で昔から親しまれてきた金沢の伝統食です。どじょうは栄養価が非常に高く、たんぱく質やカルシウムが豊富で、特にカルシウムはうなぎの9倍も含まれています。
また、鉄分やビタミンD1といったミネラルも多く、女性には嬉しいコラーゲンやグルコサミンも摂取することができます。「かばやき屋」では、石川県産のどじょうを使って職人が1本1本丁寧に手作りで焼き上げています。

こんなお悩みをお持ちの方に特にオススメ!

かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼

Yahoo!ショッピングでも販売しております

かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼_Yahoo!ショッピング

どじょうに含まれる豊富な栄養素

かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼
かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼

金沢名物どじょうの蒲焼の歴史

かばやき屋_金沢名物どじょうの蒲焼
金沢では、夏になると「活きているどじょう」がスーパーで売られてます。どじょうは、金沢市民にとって昔から馴染みの深い魚であり、家庭でもよく食されてきました。その始まりは明治初期と言われ、現在も金沢の郷土料理として知られています。
どじょうは水路や池沼に生息していますが、かばやき屋では2〜3日かけて真水の中でどじょうを泳がせておきます。しっかりと泥を吐かせたら、生きたまま目打ちして骨ごとさばきます。近年では市場でのどじょうの流通量はどんどん減少しています。その影響もあって、金沢市内でどじょうを取り扱う蒲焼店も今では数えるほどしかありません。金沢名物のどじょうの蒲焼の美味しさをもっとたくさんの人に知ってもらいたい!金沢の伝統的食文化をつなげたい!その思いで当店ではどじょうの蒲焼きを作り続けております。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

最新情報

金沢名物どじょうの蒲焼
国産うなぎの蒲焼

かばやき屋

〒920-0341
石川県金沢市寺中町ホ61-10
[TEL]076-268-9770


かばやき屋の蒲焼製法

モバイルサイト

かばやき屋モバイルサイトQRコード

かばやき屋モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • どじょうバナー

メディアに掲載されました

かばやき屋TOKIO国分太一さん

2014年3月11日、TOKIOの国分太一さんにも某番組の取材でご訪問いただき、 当店自慢のどじょうの蒲焼きをご堪能いただきました。「うめ〜!」のひと言が印象的でとても嬉しかったです。

北國新聞掲載

2015年、地元紙北國新聞の夕刊に、真空パックで賞味期限が伸びて、全国発送が可能になったと紹介されました。

スマステーション紹介

2016年3月19日、テレビ朝日の「SMA STATION」に、金沢のご当地グルメとして紹介されました。